お知らせ

サンタクロース きたー。。。

 

 

 

さて

 

 

 

先日はクリスマスでしたね。

 

 

 

 

 

土日だったってこともあり

 

 

 

 

お出かけした人がほとんどだったんじゃないでしょうか?

 

 

 

 

私も

 

 

 

 

古町のLIFEにご飯を食べに行ってきました。

 

 

 

15723477_1173643569378029_3808168688909829662_o

 

 

サンタコスして行きたかったけど。

 

e382b5e383b3e38389e38396e383ade383a0e381aee382a4e383a9e382b9e38388efbc88e5a5b3e680a7e382b5e383b3e382bfefbc89

 

 

 

 

 

さすがにやめました。笑

 

 

 

 

店に入ったらさすがにできない雰囲気だったのでしなくてよかったです

 

 

 

 

そんなクリスマス。

 

 

 

 

一体みなさん

 

 

 

サンタの有無はいつ知りましたか?

 

 

 

 

ちょろっと調べてみると

 

 

 

だいたい4〜6歳が一番多いらしく

 

 

 

親からの告白より周りの友人やら環境でバレることがほとんどらしいです。

 

 

ちなみにサンタクロースがいるっと嘘をつくことで親子関係が破壊するっという研究結果もでているんだとか…

 

(下記参照)

 

http://www.excite.co.jp/News/odd/Karapaia_52229386.html

 

 

 

 

 

ちなみにサンタの起源っていつ?

 

 

 

っと調べてみたところ…

 

 

 

サンタクロースは、4世紀ごろ、小アジア(現在のトルコ)のミュラの司教であった、聖ニコラスだと言われています。

彼は、日ごろから、困っている人や貧しい人を助け、自分の持ち物を惜しまず与えていた心のやさしい人でした。

あるとき、ニコラスの近所に3人の娘のいる家族が住んでいました。たいへん貧しくて、娘を売らなければならないほど、お金に困っていました。そのことを知ったニコラスは、その夜、その家の煙突から金貨を投げ入れました。ちょうどその金貨は、暖炉のそばに干してあった靴下の中に入って、そのお金で娘は救われ、後に結婚することができたのです。聖ニコラスは、同じことを下の2人の娘のときも繰り返し、その家庭を救ったと言われています。

クリスマスに靴下を下げておくと、サンタクロースが煙突から入って贈り物を入れてくれるという習慣は、ここから生まれたようです。

そして….

もともとオランダ語で聖ニコラスを『ジンタークラース』といい

それが訛って『サンタクロース』になったんだとか。

赤い服のサンタも

実はコカコーラ社が広告用でサンタクロースを採用したのがきっかけで赤に定着。それまでは色々な色のサンタクロースがいたんだとか。。。

あの赤はコカコーラの赤だったんですね。

c0131818_10112085

そんなサンタさん。

子供の頃の思い出を大人になってからも感じられるって素敵ですよね。

あー

素敵。

ただ、サンタに求める額がえぐいですが…笑

是非来年はがっつりサンタコスしたいですね。笑

今から楽しみです。

さてさて

それでは今年最後のブログはこれで終了かな?

2016年もお世話になりました〜

2017年も五郎共々このブログを宜しくお願いします!!!!!!

五郎のお休み表です。

2017-1-2

年始は5日より営業しております。

将来の男女関係に疑問と不安….

 

 

 

先日

 

 

 

 

万代のイルミネーションで高校生カップルが告白的なのをやっていて

 

 

 

「若いな〜」 っと思いつつ

 

 

 

見学してると

 

 

 

 

なんだか付き合ってるんだけど

 

 

 

キスするのかしないのかでもめてる様子。。。

 

 

 

 

女子の方は

 

 

「今日は心の準備ができてなくて25日にしたい。」っと男子に訴えていて

 

 

 

男子に関しては

 

 

なんだか引くに引けないからこのまましたいのかどうしたいのか。。。

 

 

 

っと

 

 

 

もじもじくんになっていました。

 

 

 

も〜

 

 

 

早く唇奪っちゃえよ。

 

 

 

 

 

あー

 

 

 

 

 

 

だりー

 

 

 

 

 

 

私ならもうしてしまうよね。

 

 

 

 

モナみたいに。

 

 

 

 

 

 

 

(前回ブログ参照)

 

 

 

 

 

 

 

そんな初々しい頃の記憶なんてすっ飛ばして

 

 

 

今を全力で生きてる五郎です。

 

 

 

 

 

さて

 

 

 

 

 

 

巷では

 

 

 

 

『セカンドパートナー』ってのが流行ってるんだとかどうだとか。。

 

 

%e6%b5%ae%e6%b0%97-%e3%81%a9%e3%81%93%e3%81%8b%e3%82%89

 

 

なにー!!!

 

 

 

なんとも気になりますね。

 

 

 

 

まず。

 

 

 

 

 

セカンドパートナーとはどんなものなのか。

 

 

 

 

 

っというところからなんですが…

 

 

 

 

 

 

友達以上不倫未満

 

 

 

のことらしい。

 

 

???

 

 

結婚すると男女の愛は「恋」から「家族」へと変わっていくもの….

 

 

今、互いに配偶者がありながら、家庭の外にステディな異性の存在を持つ既婚男女が目立ってきている。

 

とりわけ社会人として、家庭人として、順調にキャリアを築いているアラフォーやアラフィフ世代にその傾向が顕著なよう…

 

配偶者であるパートナーの次に位置するこの既婚男女間による“セカンド・パートナー”ともいえる関係は、決して男女の関係は持たずプラトニックな間柄を保つことで当事者たちは不倫とは一線を画していると考えているところがある。

 

 

 

セカンド・パートナーは

 

 

異性の友達とは違い

 

 

遠い将来、互いの配偶者それぞれが離死別して私たちが残ったならば、その時は一緒になろうと約束しているらしい。

 

 

 

でも、男女の関係は誓って持っていない。

 

 

それだと不倫になてしまうので

 

 

 

あくまで『プラトニックな関係』

 

 

 

らしい。

 

 

 

 

 

….

 

 

 

 

 

ちなみにプラトニックとは、、、

 

 

 

純粋に、精神的に。っという意味合いになってくる

 

 

 

ちなみにプラトニックラブっというのは….

 

 

 

肉体的な欲求を離れた、精神的な愛のことである。

かつては、好き合った男女同士でも結婚までは純潔を保つべきである、として結婚までは精神的な愛を理想と考える向きが強かった。

そのため、それをプラトニックと呼んだが、現在においては本質的ではなく、死語と化している。アメリカ合衆国ではキリスト教右派の思想により、純潔運動に参加する若者も多い。

 

 

 

(Wikipedia参照)

 

 

 

 

そんなセカンドパートナー。

 

 

 

 

 

ここ数年『セカンド』っという言葉がよく出てくる気がするのは私だけでしょうか?

 

 

 

 

セカンドバージン

 

セカンドオピニオン

 

セカンドライフ

 

 

 

 

など。。。

 

 

 

 

ちなみに私は中学高校とソフトボールをしていましたが

 

守備はサードでした。

 

 

 

そんなセカンド。

 

 

 

バックアップじゃないけど

 

 

 

人も

 

 

予備として持っていたいんでしょうね。保険的なものを。

 

 

 

それか

 

 

『一度きりの人生』

 

 

とか

 

 

 

『一度きり』っという言葉に特別感を感じるよりも

 

 

 

新たなステージ的な感じで

 

 

 

第二の…っと二度目を楽しむ。そんな欲張りな人生も

 

 

 

 

私は楽しいんじゃないかな?って思います。

 

 

 

 

生涯。愛する人は一人では終わらないのかもしれませんね。

 

 

 

今後。この関係が世の中でどう動いていくのか…

 

 

あれ?おかしいな。っと一概に『モラル』っと言うものでは通用しなくなるんじゃないか…

 

 

 

 

 

なんだか世にも奇妙な物語になっていきそうな予感….

 

 

mqdefault

 

 

私の主観から言わせて貰えば。

 

 

 

まぁ、好きな人を好きでいつづけるのにもう一人好きな人がいた方がメンタル的にフォローしてくれそう…

 

 

旦那に満たされないドキドキとか初々しさっていうのを満たしてくれそう。

 

 

 

女性が女性としていつづける為の究極な美容だったりするのかな?っと思ってしまいますが

 

 

 

 

もし、それが逆で、旦那にセカンドパートナーがいたら…

 

 

 

わがままですが勘弁してくれって思うかもしれませんね。笑

 

 

人は欲張りで強情ですからね。

 

 

 

まっ。一番ベストなのは。

 

 

 

旦那からもセカンドパートナーからもダブルで愛されてるってのがいいな〜

 

 

 

なーんて。

 

 

 

欲張りか。

 

 

 

でももし、家庭ではなく現実だったら…

 

 

 

旦那に罪悪感しかなくて鬱になりそう。笑

 

 

 

 

でも平気な顔する自信はあるかも。笑

 

 

 

 

 

 

ではでは今回はこの辺で….

 

 

 

 

 

 

 

 

五郎のおやすみ表です。

 

 

 

2017-1-2

 

 

 

 

 

see you….

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歳を感じる瞬間に直面。

 

 

なんだか忘年会シーズンってことで毎日のように飲んでる気がする12月。。。

 

 

 

結構きつい。

 

 

 

 

これぞ『歳を感じる瞬間』ってやつか?

 

 

 

 

っと思いながら

 

 

 

まだいける

 

 

 

まだいける。

 

 

 

 

っと

 

 

 

足掻いている

 

 

 

 

 

28歳。(2月で29歳)

 

 

 

 

そんな五郎。

 

 

 

 

そろそろクリスマスだなー。なんて思ってますが

 

 

 

 

今年はサンタがやってくるらしく

 

540

 

 

 

 

何が欲しいか悩んでおります。。。

 

 

 

(今一番欲しいのはアメリカのグリーンカードだけど…笑)

 

 

 

 

まぁ、プレゼントプレゼントしてるものって言っても

 

 

この歳になるとある程度自分で買えるしな。。。っと思いつつ。

 

 

 

 

でも別に要らないものもらってもなー。

 

 

 

ってことで悩んでみた結果。。。

 

 

robo-musio2

 

 

 

これ欲しいー。

 

ちなみにこれは…

機械学習と自然言語処理を行うテクノロジー企業AKAによるもので、機械学習の専門家・データサイエンティスト・自然言語研究の専門家によるチームによって開発されたロボット。

AI(人口知能)に特化したロボットで使えば使うほど学んで賢くなり、成長していきます。

 

 

 

 

だそうです。

 

 

 

 

 

ヤバめ。

 

 

 

これ欲しい。

 

 

 

 

 

名前は『MUSIO』

 

 

 

英語もしゃべれるみたいだし…

 

 

 

まさに英語の勉強中の私にはうってつけのロボット。

 

 

 

 

 

 

 

 

価格は10万くらい。

 

 

 

 

まぁ、買える。

 

 

 

 

 

にしても

 

 

 

 

 

ロボットが買える時代になってきたのか。。。

 

 

 

 

いよいよドラえもん時代ですね。

 

 

 

早くドコでもドア出してくんねーかな。

 

 

bao-boi-doremon-canh-cua-than-ki-2014-03-04

 

 

 

でもさ。

 

 

 

 

クリスマスプレゼントにロボット欲しいとか。。。

 

 

 

ロマンチックじゃねー。

 

 

 

 

 

って思ったら

 

 

 

 

何が欲しいんだろう。

 

 

 

 

世の女子は何をもらってるんだろう。。。

 

 

 

っと

 

 

 

検索してみたところ。

 

 

 

 

やっぱり上位三位は装飾品やらバックやら財布。。。

 

 

 

まぁまぁわからなくもないが。

 

 

 

 

別にそんなに欲しいわけでもないんだよね。

 

 

 

 

っと

 

 

 

 

しかも

 

 

 

予算的にどんなものなのかも

 

 

 

微妙に聞けないし。

 

 

 

微妙にジャブ打ちしてみるしかないよねー。笑

 

 

 

 

ってことでちょっとしてみた結果。

 

 

 

全く分かりませんでした。

 

 

 

ので

 

 

 

 

とりあえず欲しいものリストを書いてみることにします。

 

 

 

 

はい。

 

 

 

 

 

そんなクリスマスに向けて男子は必見。

 

 

 

キスの種類。幾つあるか知ってますか?

 

 

 

カップル、夫婦間で大事なスキンシップでもある「キス」

 

実はキスにはたくさんの種類があるのを知っていますか? なんと30種類以上もあるのだそうです!

 

 

 

まぁー。すごい。

 

 

 

そして女性たちに聞くと、頬やおでこ、手の甲などに軽くする「ライトキス」が、一番人気のようです。

 

最初から濃厚なキスをされるのはイヤだけど、ライトキスであれば抵抗なく受け入れられるのかもしれませんね。

 

ライトキスの他にも、女性人気が高いキスは…

 

 

「プレッシャーキス」

軽く唇を合わせるキス。いってらっしゃいのキスなど、幸せなイメージが浮かびますよね。

 

「スライドキス」

唇を合わせつつ、顔を動かして、お互いに逆方向に動かすようにするキス。少し情熱的なので、テンションが上がること間違いなし!

 

「カクテルキス」

唇を合わせ、舌を絡ませたり、動かしたりするキス。いわゆるディープキスの1つですが、濃厚すぎないのがいいですね。

 

「オブラートキス」

相手の舌を吸い込んで、自分の舌で優しく包み込むようなちょっとセクシーなキス。ロマンチックなムードから盛り上がってきた時にされたら、さらに盛り上がりそう。

 

 

 

 

なるほど。なるほど。

 

 

 

キスは体のどの部位にするかによって、その意味合いが違うと言われています。

 

 唇…深い愛情

 

 頬…厚意、安心感、感謝

 

 おでこ…母性、友情、慈愛

 

 耳…誘惑

 

 首筋…独占欲、嫉妬心、執着

 

 

女性にリサーチしたところ、キスされてうれしいのは、唇以外だと特に首筋や耳。

 

「後ろからぎゅってされたときにされるのが嬉しい」んだそう。

 

確かに、首筋はとても感じやすい部分。

 

好きな人を近くに感じられることで、愛されていると実感しやすいのかもしれませんね。

 

また、女性に人気のキスのシチュエーションは……

「寝る前のオヤスミ!ってされるキスが好き!」

「後ろからぎゅってされて振り向かせてのキスが好き!」

「エレベーターなどの人のいない密室だとドキドキしちゃう」

 

 

だそうです。

 

 

 

 

キスから始まる恋があるってくらい

 

 

キスはとても大切になってきます。

 

 

キスの上手さ=sexの上手さ

 

 

 

にもなると言われています。

 

 

そして

 

 

 

キスの上手さも大切ですが、その種類をうまく使い分け(重要)

 

シチュエーションとタイミングも見計らってしてくださいね。

 

 

 

 

あまり作りすぎる、ロマンチックすぎるのは逆に引かれるのでご注意を。

 

 

 

 

 

ちなみに私は不意打ち系のキスが好きかな〜

 

 

 

 

 

急にね。

 

 

 

 

ドラマのようなね。

 

 

 

 

それか路ちゅー。

 

(モナか。)

 

 

 

%e3%83%a2%e3%83%8a%e7%94%b7%ef%bc%91

 

 

まぁまぁまぁ。。。

 

 

 

 

忘年会シーズンとクリスマスシーズンで駅前は賑わっておりますが

 

 

 

羽目を外さないように。。。

 

 

 

 

それだけは気をつけたいですねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

ではでは

 

 

 

 

今回はこの辺で。

 

 

 

 

See you….

 

 

 

五郎のおやすみ表です。

 

 

 

 

 

2016-11-12

2017-1-2