お知らせ

大人になれないのは私なのでしょうか?

 

 

 

 

これって私が間違ってるのかな?

 

 

 

 

 

これって私が我慢すればいいのか?

 

 

 

 

っと

 

 

 

 

 

長年考えている『人間関係』についての意見を書かせていただきます。

 

 

 

 

 

さて

 

 

 

 

そもそも

 

 

 

ずっと私自身彼氏に対して

 

 

 

「これって普通と違うな」

 

 

とか

 

 

 

 

「なんで?」

 

 

 

っと思う事が多々ありました

 

 

 

 

その様な事が起きるたび

 

 

波風立てたくないし

『自分の物差しで測るのはやめよう』っと思いつつ

 

 

我慢していた事が多くありました

(我慢してるって事自体どうなんだろう。っと思いますが)

 

 

 

「ま、その場が収まれば」

 

「少し時間があれば私の気持ちも収まるし」

 

 

 

っと

 

 

 

時間というものに頼ってきたところもあります

(人間関係に対してもそうです。)

 

 

 

 

ただ

 

 

 

 

こんな事繰り返してると

 

 

 

 

どんどん心は荒み。

 

 

蝕み。

 

 

 

恋愛ってもっと楽しいものなのに。。。っと

 

 

 

なんだか暗い気持ちになる事が増えてきました。

 

 

 

 

今までの恋愛を振り返ってもそんな事ばかりで

 

 

 

でも自分から言い出せないし話し合いをして正面からぶつかるのが怖く、なんだか自分を押し殺してきた恋愛をしてきたな。っと思います

 

 

 

ただ

 

 

 

年々、私もいい大人だし

 

 

『自分』の意見や考えに共感してくれる人

 

無理せず私を受け入れてくれる人

 

私も同様にストレスなく受け入れたいな。っと感じさせてくれる人をパートナーとして迎え入れたいと思っていました

 

 

 

 

理想は…….。

 

 

 

しかしそんな事

 

 

どんな人がいいのか。どんな人なら自分の理想に当てはまるのか。

 

私自身『目』を鍛える必要がありました

 

 

 

なかなかどうやったら鍛えられるんでしょうかね。

 

 

 

 

未だに課題でもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

直感的に

 

 

 

「この人!」っていうのはあったり

 

 

「あれ?この人とは合わないな。」っというものはあるのでそういったものを参考にしようと思っていました

 

 

 

ただ、

 

 

 

 

瞬時でわかる場合と

 

 

 

しばらく様子を伺わないといけない場合があります。

 

 

 

 

ちなみに今回は後者。

 

 

 

 

最近じゃ細かい接し方や言い方、周りへの振る舞い方や考え方

 

 

 

全てにおいて

 

 

 

全く私とは合わないな。っと思うことが多くなってきました。

(そもそも合わないのに私が見極められなかったんでしょうね。)

 

 

 

 

でもやっぱりそこでも私の悪い癖で

 

 

 

 

「まぁ、許容範囲。まだ大丈夫。我慢できる範囲。」

 

 

 

っと思っていましたが

 

 

 

 

 

フッと

 

 

 

 

 

 

『なんで私こんなに頑張らないといけないんだろう。我慢しないといけないんだろう。』

 

 

 

 

っと

 

 

 

 

 

 

気づいてしまったんです。

 

 

 

 

 

すごいストレスを感じてるって事に。。。

 

 

 

時には話し合いをしようと思い言い出したこともありました

 

 

 

 

でも全く意味もなく

 

 

 

 

 

お互いが同じ事について話をしているのに

 

 

 

 

全く別の話をしているくらい

 

 

 

 

合わない。

 

 

 

話にならない。

 

 

 

 

何について話してるのかわからなくなる。

 

 

 

 

 

っといって

 

 

 

 

歩み寄ってもくれない。

 

 

 

 

 

 

 

はー

 

 

 

 

 

だりー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

物心ついたころから常に『人間関係』に悩まされています。

(正確に言うと小学校から)

 

 

 

 

なんでいつも『変わった』人達が集まってくるんだろ。

(歴代の彼氏を思い返すと特に感じます。)

 

 

 

で、なんでいつもトラブルに巻き込まれるんだろ。

 

 

 

 

不思議で不思議で仕方ありませんでした。

 

 

 

でも

 

 

 

ようやくわかった気がします。

 

 

 

 

全て私が招いてる事なんだと。

 

 

 

 

 

 

 

『人との距離感を保つのが下手』

(近すぎる。なんでも受け入れてしまう。)

 

 

 

 

 

それに尽きる。

 

 

 

 

 

 

 

 

私がちゃんと

 

 

「ここまではプライベートラインだから」

 

 

っとしっかり相手との距離を設けていれば

 

 

 

 

もっといい人間関係が築けて

 

 

 

 

 

不快にもならず。イライラする事もなかったのにな。

 

 

 

 

 

っと

 

 

 

 

 

 

….今更だけど。

 

 

 

 

 

 

私。頑張りすぎたな。

 

 

 

 

どうりで精神病にならないわけだ。笑

 

 

 

 

 

 

 

なんだか取り止め目のない話になってしまいましたが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はこの辺で終わりにしょうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

では。

 

 

 

 

see you,,,,

 

 

 

 

五郎のおやすみ表です。

 

これ!2018 4マデ

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなうまい話。ないよね〜。

 

 

先日

 

 

 

深夜…

 

 

 

高校時代の元彼から突然の電話。

 

 

 

 

 

 

「こんな時間になんだよ。」

 

 

 

 

っと

 

 

 

 

 

 

っふと。

 

 

 

 

 

 

 

10年前にした馬鹿らしい約束が脳裏をよぎりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

まさか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その約束ってのが

 

 

 

 

 

 

『30歳になってお互い結婚してなかったら結婚しようね』

 

 

 

 

っつー

 

 

 

 

 

しょーもない約束。

 

 

 

 

 

 

 

 

でもちょっと映画みたいでロマンチックだったから浮かれてみたけど

 

 

 

 

 

 

まさかその電話?!!!

 

 

 

 

 

 

とか期待しつつ…

 

 

 

 

 

(うちらもうすぐ30だし…)

 

 

 

 

 

転勤で大阪勤めだから全然会ってなかったけど

 

 

 

 

数年越しに年末年始帰ってくるっていう内容の電話

 

 

 

 

「これってまさか。」

 

 

 

 

っと…

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりに帰ってくるんだからご飯でも…

 

 

 

 

って….

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思ったのも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私のただの勘違いで

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女を両親に会わせるための帰省らしく

 

 

 

 

 

 

 

 

私にとっては全くの無関係な電話で

 

 

 

 

 

 

むしろなんの為の報告なの?

 

 

 

 

 

とか思いつつも

 

 

 

 

 

 

 

 

10年越しに最後のとどめかのように失恋の矢を打たれ

 

 

 

 

 

 

m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだか寂しくなっちゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あー

 

 

 

 

 

 

 

ハートブレイク。

 

 

 

 

 

 

 

 

だりー。

 

 

 

 

 

 

 

 

まさにジュリアロバーツが出てた映画

 

 

 

『ベストフレンズウエディング』

 

 

さっくりWikipediaより…(参照)

 

料理評論家のジュリアンは、ある日、元ボーイフレンドのマイケルからの電話を受ける。二人は一時期交際し、別れてからも親友として付き合っており、しかも二人とも独身だったら結婚しようと約束していた仲であった。しかしマイケルは今週末に結婚するという。しかも、相手は20歳の女子大生で、父親は富豪だという。未だにマイケルを愛していたという自分の気持ちにやっと気付いたジュリアンは慌て、マイケルの元に飛び、結婚式までの数日間、あの手この手で阻止しようとする。

 

115475_01

 

 

 

 

まっ私は結婚の阻止はしませんが

 

 

 

 

 

なんだか複雑な気持ちにはなりますよね。。。

 

 

 

 

 

 

そんな週初め。

 

 

 

 

 

精神的なダルさと

 

 

 

 

 

 

体力的なダルさがダブルパンチで終始寝て過ごした休日。

 

 

 

 

 

 

いよいよ12月らしく忙しくなってきましたね。

 

 

 

ってことで最近うちのお店に思うダメなこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょいちょい小出しにブログに書いていこうかな。って思ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて

 

 

 

 

 

 

そんなオアズ

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも『人として』『モラル的に』が欠落してる集団

 

 

 

 

 

 

 

 

「まさかそんなくだらないことでミーティングすんの?」

 

 

 

 

ってことまでミーティングします。

 

 

 

 

 

 

 

私的には。

 

 

 

 

 

とにかく『時間!』って思っちゃうので

 

 

 

 

 

 

 

 

スカイプでミーティングじゃダメなのかな。っと思いますが

 

 

 

 

 

仕方ない。

 

 

 

 

 

 

 

だってここは

 

 

 

 

 

世界の情報が10年後に届く

 

 

 

 

 

ガラパゴス新潟だから….

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あー

 

 

 

 

 

 

 

 

だりー。

 

 

 

 

 

 

 

 

話を戻して。

 

 

 

 

 

 

 

そんなオアズなんですが

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかくレジの札の向きがバラバラ。

 

 

 

 

 

 

 

私。こう見えて

 

 

 

 

 

レジで6年働いてたのでお金の計算や扱いにはかなり慣れておりますし

 

 

 

 

 

 

研修まで受けてるのでその名残でどうしても気になってしまうんです。

 

 

 

 

 

 

札の向き。

 

 

 

 

 

 

あと、小銭のいれ方。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに最近は自動精算機だったり便利になってるので旧式レジを使ってるところが少ないようですが

 

 

 

 

 

 

やっぱり札の向きがバラバラだったり逆さだったら嫌ですよね。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみ

 

 

 

 

 

 

私がレジで働いてる時は

 

 

 

 

 

 

 

顔を奥側にいれなさい。っと教わりました。

 

 

 

 

1,レジから数えて出して

 

 

 

 

2,手元でもう一度数えて

 

 

 

 

3,お客様に向けて再度数える。

 

 

 

 

っという流れ。

 

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

 

小銭に関しては

 

 

 

 

 

 

右手からとって左手に乗せながら数えるので

 

 

500円玉を左で右に向かって小さい額になるようにレジには入っていました。

 

 

 

 

 

 

しかし

 

 

 

 

なぜかオアズは逆。

 

 

 

 

 

 

 

まっ、逆なのはその場その場のやり方があるから仕方ないのでいいのですが

(かなり効率的ではないですが….)

 

 

 

 

 

 

 

札の向きがアッチコッチ向いてるのはさすがに無理だな。。。っと感じます。

 

 

 

 

 

まっ

 

 

 

 

そんな細かいこと別にいいじゃん。って思いますが

 

 

 

 

 

 

社会人として

 

 

 

 

 

日本人として

 

 

 

 

 

 

さすがにやっとこうよ。これは。

 

 

 

 

 

 

っていうやつね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに喋りながらグダグダ会計してるから毎日のようにレジが合わず

 

 

返し忘れたりするんじゃないのかな。

 

 

 

 

っと

 

 

 

 

 

 

不安になりますよね。

 

 

 

 

 

….。

 

 

 

 

 

 

 

 

あー

 

 

 

 

 

 

 

だりー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

っということで

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様。

 

 

 

 

 

お会計の時は一緒にお釣りの確認、伝票金額の確認

 

 

 

 

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

 

 

 

 

お金の数え方が悪いスタッフ

 

 

 

 

 

 

お金の渡し方が雑なスタッフがいたら

 

 

 

 

 

 

五郎に一言教えていただけるか、その場で注意してあげてください。

 

 

 

 

 

 

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

っとうことで

 

 

 

 

今回はこの辺で。

 

 

 

 

 

 

 

see you……

 

 

 

 

 

2017.12月まで

 

 

 

五郎のおやすみ表です。

 

 

 

 

 

将来の男女関係に疑問と不安….

 

 

 

先日

 

 

 

 

万代のイルミネーションで高校生カップルが告白的なのをやっていて

 

 

 

「若いな〜」 っと思いつつ

 

 

 

見学してると

 

 

 

 

なんだか付き合ってるんだけど

 

 

 

キスするのかしないのかでもめてる様子。。。

 

 

 

 

女子の方は

 

 

「今日は心の準備ができてなくて25日にしたい。」っと男子に訴えていて

 

 

 

男子に関しては

 

 

なんだか引くに引けないからこのまましたいのかどうしたいのか。。。

 

 

 

っと

 

 

 

もじもじくんになっていました。

 

 

 

も〜

 

 

 

早く唇奪っちゃえよ。

 

 

 

 

 

あー

 

 

 

 

 

 

だりー

 

 

 

 

 

 

私ならもうしてしまうよね。

 

 

 

 

モナみたいに。

 

 

 

 

 

 

 

(前回ブログ参照)

 

 

 

 

 

 

 

そんな初々しい頃の記憶なんてすっ飛ばして

 

 

 

今を全力で生きてる五郎です。

 

 

 

 

 

さて

 

 

 

 

 

 

巷では

 

 

 

 

『セカンドパートナー』ってのが流行ってるんだとかどうだとか。。

 

 

%e6%b5%ae%e6%b0%97-%e3%81%a9%e3%81%93%e3%81%8b%e3%82%89

 

 

なにー!!!

 

 

 

なんとも気になりますね。

 

 

 

 

まず。

 

 

 

 

 

セカンドパートナーとはどんなものなのか。

 

 

 

 

 

っというところからなんですが…

 

 

 

 

 

 

友達以上不倫未満

 

 

 

のことらしい。

 

 

???

 

 

結婚すると男女の愛は「恋」から「家族」へと変わっていくもの….

 

 

今、互いに配偶者がありながら、家庭の外にステディな異性の存在を持つ既婚男女が目立ってきている。

 

とりわけ社会人として、家庭人として、順調にキャリアを築いているアラフォーやアラフィフ世代にその傾向が顕著なよう…

 

配偶者であるパートナーの次に位置するこの既婚男女間による“セカンド・パートナー”ともいえる関係は、決して男女の関係は持たずプラトニックな間柄を保つことで当事者たちは不倫とは一線を画していると考えているところがある。

 

 

 

セカンド・パートナーは

 

 

異性の友達とは違い

 

 

遠い将来、互いの配偶者それぞれが離死別して私たちが残ったならば、その時は一緒になろうと約束しているらしい。

 

 

 

でも、男女の関係は誓って持っていない。

 

 

それだと不倫になてしまうので

 

 

 

あくまで『プラトニックな関係』

 

 

 

らしい。

 

 

 

 

 

….

 

 

 

 

 

ちなみにプラトニックとは、、、

 

 

 

純粋に、精神的に。っという意味合いになってくる

 

 

 

ちなみにプラトニックラブっというのは….

 

 

 

肉体的な欲求を離れた、精神的な愛のことである。

かつては、好き合った男女同士でも結婚までは純潔を保つべきである、として結婚までは精神的な愛を理想と考える向きが強かった。

そのため、それをプラトニックと呼んだが、現在においては本質的ではなく、死語と化している。アメリカ合衆国ではキリスト教右派の思想により、純潔運動に参加する若者も多い。

 

 

 

(Wikipedia参照)

 

 

 

 

そんなセカンドパートナー。

 

 

 

 

 

ここ数年『セカンド』っという言葉がよく出てくる気がするのは私だけでしょうか?

 

 

 

 

セカンドバージン

 

セカンドオピニオン

 

セカンドライフ

 

 

 

 

など。。。

 

 

 

 

ちなみに私は中学高校とソフトボールをしていましたが

 

守備はサードでした。

 

 

 

そんなセカンド。

 

 

 

バックアップじゃないけど

 

 

 

人も

 

 

予備として持っていたいんでしょうね。保険的なものを。

 

 

 

それか

 

 

『一度きりの人生』

 

 

とか

 

 

 

『一度きり』っという言葉に特別感を感じるよりも

 

 

 

新たなステージ的な感じで

 

 

 

第二の…っと二度目を楽しむ。そんな欲張りな人生も

 

 

 

 

私は楽しいんじゃないかな?って思います。

 

 

 

 

生涯。愛する人は一人では終わらないのかもしれませんね。

 

 

 

今後。この関係が世の中でどう動いていくのか…

 

 

あれ?おかしいな。っと一概に『モラル』っと言うものでは通用しなくなるんじゃないか…

 

 

 

 

 

なんだか世にも奇妙な物語になっていきそうな予感….

 

 

mqdefault

 

 

私の主観から言わせて貰えば。

 

 

 

まぁ、好きな人を好きでいつづけるのにもう一人好きな人がいた方がメンタル的にフォローしてくれそう…

 

 

旦那に満たされないドキドキとか初々しさっていうのを満たしてくれそう。

 

 

 

女性が女性としていつづける為の究極な美容だったりするのかな?っと思ってしまいますが

 

 

 

 

もし、それが逆で、旦那にセカンドパートナーがいたら…

 

 

 

わがままですが勘弁してくれって思うかもしれませんね。笑

 

 

人は欲張りで強情ですからね。

 

 

 

まっ。一番ベストなのは。

 

 

 

旦那からもセカンドパートナーからもダブルで愛されてるってのがいいな〜

 

 

 

なーんて。

 

 

 

欲張りか。

 

 

 

でももし、家庭ではなく現実だったら…

 

 

 

旦那に罪悪感しかなくて鬱になりそう。笑

 

 

 

 

でも平気な顔する自信はあるかも。笑

 

 

 

 

 

 

ではでは今回はこの辺で….

 

 

 

 

 

 

 

 

五郎のおやすみ表です。

 

 

 

2017-1-2

 

 

 

 

 

see you….